「Chezかせっち」別荘

アクセスカウンタ

zoom RSS 久々の感覚

<<   作成日時 : 2010/10/13 23:31   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

先週はずっと水戸にいました。水戸室内管弦楽団のお話を頂き、宮本文昭さんの指揮のもと、ハイドンの96番、そしてシューベルトの3番のシンフォニーを演奏しました。

さて、音楽家なら誰でもそういうときがあると思うのだけど、最近の僕は過度の緊張に悩まされていました。

いつもじゃないんだけどね。手も呼吸も強張ってしまって音楽に没頭出来ない。

昔はそんな風に緊張しなかったのに。

こうやって過去と比べているとロクなことがない。

視点を変えて、呼吸がうまくいかないことを悩むより、音楽のことを考えるようにしました。

今まで以上に勉強し、リハーサルから全力。細かいニュアンスや、周りの動向、表情、呼吸などに注意を向ける。

そうしてリハーサル4日間を過ごした水戸室内管弦楽団への客演、3回の本番は本当に楽しく、充実したものとなりました。

けどまだ「おっかないな」と感じた部分もあるから、色々と研究しなくちゃ。


僕がいつも読んでいる本(「本番に強くなる」白石豊著)に書いてあったこと。自信について。「自信とは『何とかうまくきそうだ』という感覚のことをいう。自信は過去の実績に比例するものではない」と。そうだよね、過去の実績(成功)の積み重ねでしか得られなかったら、大事なときに自信を持つなんて永久に不可能だもの。

今回はふっとその感覚に入れたのが嬉しかった。出待ちの舞台袖で「たぶんうまくいくな」と安心出来た。この感覚を持てれば、そう怖い思いをすることも減るんじゃないか?そう思います。

次の仕事はどうなるかな?うまくメンタルをコントロール出来るかな。楽しみです。


宮本文昭さんの指揮は、僕にはとってもやり易かったです。呼吸が取りやすいし、どんなニュアンスが欲しいのか全て分かる。音楽での会話が楽しめたのも良かったです。僕が何かやったら必ず反応して下さいました。逆に宮本さんが本番で一瞬「間」を置いたのをニヤリとしたら、宮本さんとバッチリ目が合ったり(茶目っ気たっぷりの顔してた・笑)。

またやってみたいなぁ、と思う指揮者です!

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
久々の感覚 「Chezかせっち」別荘/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる