「Chezかせっち」別荘

アクセスカウンタ

zoom RSS なにわ《オーケストラル》ウィンズ2011

<<   作成日時 : 2011/05/09 22:19   >>

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

大阪(5/5)、東京(5/7)両公演、満員のお客様に恵まれて、無事に終了致しました。ご来場ありがとうございました!

震災後ということもあって、義援金バザーをロビーでやったり、震災の被災者に捧げるスパークの「陽はまた昇る」を冒頭に演奏したり、いつもと違ったなにわの雰囲気でしたね。
スパークでは涙が出ちゃって仕方がなかったのですが、なんとか堪えました。

課題曲のU、天国の島にはオーボエのソロがあるのですが、これが恐ろしく難しい!指を慎重に練習することは言うまでもないのですが、音楽の作り方、これはもう幾通りもあると思うので、静かな部屋で何度も可能性を試して、引き出しを増やしていってください。そうしたら自信をもって吹けます。

アルヴァマー序曲の本番中、丸谷先生が素晴らしい笑顔で指揮をされていたので、思わず見入りながら吹いていたら目が合ってしまいました。そうしたら先生、極上の笑顔を返して下さいました。すごく嬉しかったので、降り番の曲のときに下手袖にいらっしゃった先生にお話ししにいきました。

「いつも演奏中に生徒さんと目があったら、あんな笑顔を返されるのですか?」とお聞きしたら、そうです、とおっしゃってました。「生徒がええ音出しよるからね、自然と笑顔になってしまうのですわ」それを聞いて、なんて幸せな生徒たち、そして素晴らしい関係なんだろう、と思いました。「それは先生、生徒さん達、嬉しいと思いますよ。」と答えました。僕だって目が合ってメチャメチャ嬉しかったですもん!


今回個人的に一番好きだった曲がプログラム最後のヘス作曲「東海岸の風景画」。完成度の高い作品だし、吹いていて楽しいし、これ、絶対流行ると思います。

東京のアンコールではマツコ・デラックスの扮装をした指揮者の下野竜也さんが登場、今回は練習に参加出来なかったから、本番一発、バカ衣装で登場して、こちらの爆笑を誘っても、「やっと来てくれた」って気持ちがメンバーにはあったような気がします。昨年まで練習が煮詰まったときには助け舟を出してくれていた下野さん、来年は参加出来ると嬉しいです。


さてさて、5/1から練習をし、6日が中日だったから例年より1日長くて嬉しいな、と思っていたのですが、東京公演の翌日、5/8に戸田市文化会館で行われた岡山学芸館高校と東海大付属高輪台高校のジョイントコンサートに、なにわのメンバー数人(榎田、金井、岡本、久永、安藤、伊藤、橋本、敬称略)と一緒に出演、アンサンブルを披露しました。両校の演奏を心から楽しみ、高校生たちの懸命なステージに感動し、両校の交流を微笑ましく眺めていたり、本当に楽しい時間を過ごさせていただきました。終演後みんなを最後まで見送って、今年の僕のなにわの活動は終了しました。

吹奏楽は真剣にやればやるほど奥が深いですね。だからやめられない。若者ともう一回青春時代をしている気がして、何だか清々しい気分になります。

明日からまた東フィルに戻ります。フレッシュな気持ちで頑張ります。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
なにわ《オーケストラル》ウィンズ2011 「Chezかせっち」別荘/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる